MIYOUKI NAKAJIMA  - ARTISTE

中島みゆき  -  アーティスト

叙情的で詩的な彼女の作品は私たちをレアリズムの視点から引き離し、“時” や “心” を探る旅に誘います。

2002年から布花の技術を独自に学ぶ。アクセサリーブランドのディレクション・マネージメントを務めた後、2013年に自身のブランドSOIE:LABOを設立。2017年にフランスへ拠点を移し、現在はパリのギャラリーSINOPLEに所属。

服飾工芸として長い歴史をもつ造花は今日ややマイナーな工芸品になりつつあるが、中島みゆきはこの伝統を尊重しながらも自身の創作に現代的なビジョンを織り交ぜながら“造花”のイメージを刷新してゆくことに情熱と研究を捧げています。また、造花に芸術的価値を取り戻すために新しい可能性と技術を探求し続けています。例えば日本画の技術を応用した彩色、特に墨や金属粉、岩絵具の特性をいかした色の表現など。こうした日々の研究に基づく創作は彼女にとって、何世紀にもわたりこの工芸と伝統を継承してきたフランスの偉大な職人たちへの賛辞なのです。

彼女は創作の中で、人生・過去・記憶といったテーマを自然の造形物に投影しています。


「自然の中にいると草花の美しさに心動かされますが、創作の源になるのは寧ろもっと曖昧で抽象的な、たとえば季節の香りや風の音、木々の残影といったものです。こうした朧気な印象の蓄積が、私の中に眠っていた記憶や感情と混ざり合った時に創作意欲がかき立てられます。

私たちは人間が自然をコントロールすることは不可能であると知っています。自然は私たちの生活に恵みを与えてくれる一方、地震や台風、火山、津波といった様々な災害ももたらします。自然の脅威と隣り合わせで生きてきた日本人にとって、自然は愛すると同時に恐れ敬う存在なのです。自然の中に身を置く時、私は人間がいかに小さく無力であるかを実感します。生命は衰え、そして再生する。死や無常といった 抗えない大きなサイクルに身を委ね、それを受け入れるようにと、自然に導かれているように感じます。私の創作のビジョンはこの考えに基づいているように思います。」

— Galerie SINOPLE のウェブサイトより抜粋

 

EXPOSITION

2021

 

2018

2017

2016

2015

2014

« Natures Mortes »  Still Life  - gallery SINOPLE (75003 パリ)

Vol.3 « ÉCLIPSE / COEXISTENCE »  侵食と共存  - CASTOR FLEURISTE (75003 パリ)

Vol.2 « SANS TITLE » 無題 - SALON JACQUES MOISANT Paris (75006 パリ)

Vol.1 « la faible lueur dans l’obscurité » 仄明かり

- LA GALERIE 3M² au jardin du Palais Royal (75001 パリ)

« SOIE:LABOのコサージュ展 » - ひいらぎ (東京)

個展 - Pola The Beauty Ginza (東京)

« ゆかたに合わせる小物展 » - 新宿伊勢丹本館1階(東京)

個展 - Cli'O mariage (東京)

東京ファッションウィーク合同展示会 « Ambiance » に出展(東京)

合同展示会 « rooms 30 » に出展(東京)

個展 - hako gallery (東京)

MODE, COSTUMES et SPECTACLES  etc...

2021

 

2018

2017

2015

2014

2013

FENDI Spring 2021 COUTUREのランウェイで絹のバラの装飾を担当

ブライダルドレスデザイナー « Laure de Sagazan » (パリ10区)とコラボレーション作品(ヘッドピース)を発表

パリ3区のフローリスト « CASTOR FLEURISTE » とノエルの為のオーナメントを製作

Jane Birkin のコンサート « Gainsbourg Symphonique » にて舞台装飾用の花を製作

- Théâtre Liberté (フランス、トゥーロン)

« divka » 2016 春夏コレクション ランウェイの為のヘッドピースを製作 - TFW

« Kenji Hikino » 2015-16 秋冬コレクションの為のアクセサリーを製作

中島ノブユキ フリーペーパー « No Longer Human vol.3 » の花飾りを製作

ダンスカンパニーMemori’s Fairy Talesの舞台作品 « Utopia » の為に製作

ミュージシャン、ピアニストへ舞台用のヘッドピース・アクセサリーを製作

Ingrid Fuzjko Hemming、CANTUS、コトリンゴ等